雑談が築き上げる人間関係

自分はコミュニケーション力が低いなぁと思い悩んでいると、実際にはそうではないのに、本当にコミュニケーション力が低くなってしまう可能性があります。苦手と自分で感じていると、コミュニケーションを自分から避けてしまう傾向があるからです。つまり気持ちの持ちようでコミュニケーション力を鍛えられます。まずやらなければならない事は、苦手意識を消してしまう事でしょう。得意だと思い込む必要はありませんが、少なくとも苦手だと自分で言わないようにすることも肝心なのです。それからどうでもいいような世間話をしていきましょう。コミュニケーションが苦手な方は、不必要などうでも良い雑談が出来無い方が多いのです。ある課題があったとして、その答えをみんなで出そうとします。その時にどうでも良い話をしても時間の無駄だと感じる方も居るかもしれません。しかし複数人で答えを出す為にはみんなで協力をし合わなければ時間がかかってしまいます。そこでどうでも良い話がちょうど良い潤滑油になるのです。人と人がコミュニケーションを初めてする時には、どうでも良い、もしかしたら目的には全く関係の無い雑談から始まるのではないでしょうか。そこでお互いの事を知り合えば他人との距離を近づけられるのです。その結果として、みんなでやろうとしている課題について積極的に協力しようという意識が高まって来るのではないでしょうか。どうでも良い話しはコミュニケーション力を鍛える為にも重要な練習と考えておけば良いでしょう。相手に自分の言いたい事を上手に伝えられるようになれば、仕事の話もスムーズに進むようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です